ガチャつくブログ

IT系のお勉強のために、やってみたことをアウトプットしていきます。

Twitterアナリティクスを使ってみる

はじめに

ブログ以外にTwitterでも積極的に発信(アウトプット)するようにしているのですが、Twitterでの発信がどのような影響力があるのか、気になりました。

Twitterの標準機能として、ツイートアクティビティもあるのですが、Twitterアナリティクスの方が詳細に見れるのかなという期待もあり。試してみました。

 

有効化

早速有効化したいと思います。下記のページで"Twitterアカウントでログイン"をクリックします。

Twitter Analytics

 

ログインすると"Analitycsを有効化する"に変わるのでクリックします。

 

これだけでした。これでもう後はデータを見るだけです。

 

データを見てみる

ホーム

f:id:tmt-tty:20181015215903p:plain

 

用語をちょっと整理。

 

ツイート:つぶやいた数。

ツイートインプレッション:ツイートがユーザーに見られた回数 = タイムラインに表示された回数。

プロフィールへのアクセス:プロフィールページが開かれた回数。

フォロワー:フォロワー数。

 

ツイートアクティビティ

f:id:tmt-tty:20181015220443p:plain

 

エンゲージメント:ユーザーがツイートに反応した合計数。ツイートのクリック(ハッシュタグ、リンク、プロフィール画像、ユーザー名、ツイートの詳細情報のクリックを含む)、リツイート、返信、いいねを含む。

エンゲージメント率(%) = インプレッションの合計 ÷ エンゲージメント x100

 

棒グラフをマウスオーバーすると、"オーガニックインプレッション"と出ます。

オーガニックインプレッションは、自然にツイートを見た人。

有料広告を出していると"プロモインプレッション"も表示されるようです。

 

ツイートごとにインプレッション、エンゲージメント、エンゲージメント率が確認できます。

 

オーディエンスインサイト

f:id:tmt-tty:20181015222020p:plain

フォロワー数の増減ですね。

それにしてもフォロワー数少ない。がんばろう。。。

 

まとめ

GoogleアナリティクスやGoogle Serch Consoleなども使ってみてはいますが、ブログ閲覧者が少ないので、今のところ見ててもおもしろくないんです。。。

Twitterは利用者も多いので、リツイートするだけでもインプレッションが変化し、データに変化があっておもしろいですね!

どういうツイートが刺さるのか、、いろいろ試していきたいと思いました。