ガチャつくブログ

IT系のお勉強のために、やってみたことをアウトプットしていきます。

Slackで遊ぶ - Twitter連携 -

はじめに

チャットツールと言えば『Slack』ですよね。

チャットコミュニケーションだけでは無く、様々なカスタマイズもできる『Slack』を遊び倒していきたいと思います。

 

tmt-tty.hatenablog.com

 

今回はTwitter連携をやってみます。

 

 

必要なもの

  1. Slackワークスペース
    下記から簡単に作れるので、作成方法は割愛します。

    slack.com

  2. Twitterアカウント
    連携させるTwitterのアカウントが必要になります。

 

作成方法

Slackの"App ディレクトリ"からTwitterを検索して表示します。

"インストール"をクリックします。

f:id:tmt-tty:20181109223951p:plain

 

次の画面で"Twitterインテグレーションの追加"をクリックします。

f:id:tmt-tty:20181109224140p:plain

 

Twitterログイン済みの場合は、"連携アプリを認証"をクリックします。

ログインしていない場合は、ログイン画面が表示されます。

f:id:tmt-tty:20181109224346p:plain

 

Twitter連携の設定画面になりますので、必要事項を入れていきます。

最後に"設定を保存する"をクリックします。

f:id:tmt-tty:20181109224805p:plain

 

動作確認

自分のTwitterアカウントでのリツイートに反応するようにしたので、

リツイートしてみます。

連携されました。

f:id:tmt-tty:20181109225857p:plain

 

Slackで連携できるアプリは複数あります。

Slack上では英語で説明など書かれていますのでわかりづらいですが、下記サイトにまとめてあったので、貼っておきます。

boxil.jp