ガチャつくブログ

IT系のお勉強のために、やってみたことをアウトプットしていきます。

Google Home Mini で遊ぶ - 声でツイート -

 はじめに

最近流行りのスマートスピーカー

Google Home Mini』を使って遊びたいと思います。

tmt-tty.hatenablog.com

 

今回は声でツイートしてみます。

 

必要なもの

  1. Google Home MIni

    store.google.com

  2. Twitter
    Twitterにつぶやきますので、アカウント必要です。

    twitter.com

  3. IFTTT
    Twitter⇔Goggle Home Miniを連携させるために使用します。
    Webサービス同士を連携させる事ができるツールです。

    ifttt.com

手順

Google Home Mini の設定とTwitterアカウントがある前提で進めます。

IFTTTで『レシピ』と呼ばれる連携設定を作成します。

自分のアカウント名をクリックし、"New Applet"をクリックします。

f:id:tmt-tty:20181112220424p:plain

 

"+ this"をクリックします。

f:id:tmt-tty:20181112220629p:plain

 

検索窓にgoogle assistantと入力し、"Google Assistant"をクリックします。

f:id:tmt-tty:20181112220938p:plain

 

"Connect"をクリックして、Google Home Miniに設定したgoogleアカウントを設定します。

f:id:tmt-tty:20181112221112p:plain

"Say a phrase with text ingredient" をクリックします。

f:id:tmt-tty:20181112221310p:plain

Google Home Mini にどのように話しかけて、なんと返事してもらうか設定します。

今回は、「OK google. twitterにxxxと投稿して」と言うと、

「投稿しました」と返してもらうようにします。

※$の部分が変数として扱われます。$の前後は半角スペースが必要です。

"Create trigger"をクリックします。

f:id:tmt-tty:20181112222022p:plain

次の画面で"+that"をクリックします。

f:id:tmt-tty:20181112222156p:plain

検索窓にtwitterと入力し"Twitter"をクリックします。

"Connect"をクリックして、自分のTwitterアカウント情報を入力します。

f:id:tmt-tty:20181112220810p:plain

 

"Post a tweet"をクリックします。

f:id:tmt-tty:20181112222455p:plain

そのまま"Create action"をクリックします。

f:id:tmt-tty:20181112222622p:plain

レシピの名前を付けます。

Recieved~ は、このレシピが動いた時に通知を受け取るかどうかです。

"Finish"をクリックします。

f:id:tmt-tty:20181112222938p:plain

 

動作確認

Google Home Miniに、

OK google. twitter声で投稿してみたと投稿して」と言ってみます。

 https://youtu.be/b110Gjn4sAE


Google Home Mini で遊ぶ - 声でツイート -

 

Twitterを確認してみます。

変な空白が入っていてちょっと不気味ですが、ちゃんとつぶやけた様です。