ガチャつくブログ

IT系のお勉強のために、やってみたことをアウトプットしていきます。

Trelloで遊ぶ - エクスポートしたデータをCSVに -

f:id:tmt-tty:20181208220616p:plain

はじめに

Trelloから別のタスク管理ツールに移行しようかなと思ったときに、、、Trelloの情報はバックアップしておきたいな、という場合、無料版ではJSON形式で出力されるため、後から見ようと思っても見にくいというか、、、見れないと思います。

 

今回はJSONcsv形式に変換して見やすい形で保存しておく方法をご紹介します。

 

 

必要なもの

・Trello

データをエクスポートするTrello環境が必要です。

 

JSONCSVに変更するツール

今回は、下記のWebサイトを利用します。

konklone.io

 

やり方

まずはTrelloのデータをエクスポートします。

ボードメニューを表示をクリックします。

f:id:tmt-tty:20181208214954p:plain

 

もっと見るをクリックします。

f:id:tmt-tty:20181208215109p:plain

 

印刷とエクスポートをクリックします。

f:id:tmt-tty:20181208215334p:plain

 

JSONでエクスポートをクリックします。

f:id:tmt-tty:20181208215508p:plain

 

JSON形式で表示されます。

f:id:tmt-tty:20181208215621p:plain

 

全選択し、コピーしておきます。

 

続いて、JSONCSVに変更する下記サイトを開きます。

konklone.io

 

上の枠内にコピーしたJSONをペーストします。

下の枠内にCSVに変換されたものが表示されます。

Download the entire CSV をクリックすると、CSV形式でダウンロードできます。

f:id:tmt-tty:20181208220036p:plain

 

 

ダウロードしたCSVExcelで開いた時に文字化けする場合は、

一旦メモ帳で開き、文字コードANSIで保存して開いて見てください。