ガチャつくブログ

IT系のお勉強のために、やってみたことをアウトプットしていきます。

AlibabaCloudを試してみる - Elastic Compute Service (ECS)

 

はじめに

前回、AlibabaCloudのアカウント作成まで実施しましたので、今回は続きです。

tmt-tty.hatenablog.com

 

 

クレジットカードの有効化が終わると、¥30,000分のクーポンが付与されます。

f:id:tmt-tty:20181004224822p:plain

 

では、早速 今回は、Elastic Compute Service (ECS)を試してみたいと思います。

 

Elastic Compute Service (ECS)とは?

仮想コンピューティング環境ですね。

AWSで言うと、EC2に当たります。

パブリッククラウドの基本的なサービスだと思います。

 

構築

リージョンを確認してみます。やはり中国中心ですね。今回は、日本(東京)でやってみます。

f:id:tmt-tty:20181004230405p:plain

 

コンソール画面の"Compute Service"をクリックします。

f:id:tmt-tty:20181004225616p:plain

 

"インスタンスを作成”をクリックします。

f:id:tmt-tty:20181004230537p:plain

 

設定はこんな感じで取りあえず。

デフォルトでサブスクリプション(前払い)が選択されていたので、そこだけ注意です!

f:id:tmt-tty:20181004231235p:plain

 

時間あたりの料金がその場で出るの良いですね。

f:id:tmt-tty:20181004231437p:plain

 

"次のステップ :ネットワーク"をクリックします。

 

デフォルト設定でいきます。

f:id:tmt-tty:20181004231714p:plain

 

残念なことにトラフィック料金が、ボタンとかぶっています。。。

f:id:tmt-tty:20181004231849p:plain

 

"次のステップ:システム構成”をクリックします。

 

ここもデフォルト設定でいきます。

f:id:tmt-tty:20181004232104p:plain

 

"次のステップ:グループ化"をクリックします。

 

タグは付けづにいきます。

f:id:tmt-tty:20181004232221p:plain

 

"次のステップ:プレビュー"をクリックします。

 

設定の確認をします。

利用規約にチェックを入れます。

トラフィック料金が見えました!

f:id:tmt-tty:20181004232358p:plain

 

"インスタンスの作成"をクリックします。

 

作成が進行中。の画面が出ますので、”コンソール"をクリックします。

f:id:tmt-tty:20181004232621p:plain

 

インスタンス画面で、インスタンスにチェックを入れ、"パスワードのリセット"でデフォルトユーザーのパスワードを変更しておきます。

f:id:tmt-tty:20181004233554p:plain

 

再起動後に反映されるようなので、再度チェックを入れ、"再起動”をクリックします。

 

再起動後、"VNC"をクリックします。

 

初回VNC起動時にVNCパスワードが表示されるので、覚えておく必要があります。

f:id:tmt-tty:20181004233851p:plain

 

VNCパスワードを入れます。

 

ユーザー名:root

パスワード:先ほど変更したもの

で、ログインします。

 

f:id:tmt-tty:20181004234322p:plain

 

ログイン完了!!!!

今回は細かい設定はあまり気にせずにスピード重視で立ち上げてみました。

ほぼほぼAWSと同じ設定内容という印象です。

他のサービスや設定の詳細は今後深掘りできればと思います。

 

従量課金のため、使わない時は停止します。

停止の際に"停止済みインスタンスの非課金化"の設定をしておく必要がありました。

 

f:id:tmt-tty:20181004235053p:plain